スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

キャストその弐

団員紹介を始めて、このブログを見てくれている人が結構多いことを知った青森です。わーい☆。
というわけで、好評掲載中(?)の団員紹介、さっそく2回目です。
おそらく団員のおおかたの予想通り、今回はこの人!!


キャストその弐 「竹中 さやか」

①名前:役名
  竹中 さやか : 如月 葵

②学部・学科・学年
  文学部・日本文学語学分野四年

③出身地
  鳥取県(某妖怪の町)

④演劇活動歴
  のめり込んだのは高校から。中学の学年劇も合わせると…10年?

⑤何でもベスト3!
  『好きな曲ベスト3』
   ・チェリー(スピッツ)
   ・ガーベラ(スピッツ)/ラフ・メイカー(BUMP OF CHICKEN)
   ・振動覚/君の街まで(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
     …3ぢゃねぇ!!笑


⑥この公演にかける意気込み
夢と音と光の時間を精一杯アイして、命懸けで泣いて笑って生きて生きて、貴方の何かに届くように頑張ります!


というわけで、2回目は竹中さんこと竹ちゃんに登場してもらいました!
キャストはちょうど男女半々なので、交互にいこうかと思います。
竹ちゃんは今回キャストのほかに音響、情報美術、あと演出補佐もやっています。
それから、本公演の脚本を書いたのも彼女です(名前がいたるところに・・・)。
2005年6月、今回の演出・野原くんとともに「たまご工房」という劇団を立ち上げたこともあります。
そのときも竹ちゃんが脚本を書き下ろしました。で、キャストもしました。
多芸多才な人です。職人魂もあります。
まっすぐで、背筋のピンと伸びた演技をする人だなあと思います。
おばあちゃんからお母さんからちっちゃい妖精まで演じます。
今回はどんな役でしょう??前回の濱本君とはどんな関係が・・・?
本番までのお楽しみということで♪

竹ちゃんとスピッツトークや鳥取県談義がしたい方は、コメントからどうぞ!

スポンサーサイト

2007.02.17 | Comments(0) | Trackback(0) | 団員紹介

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

15卒業公演

Author:15卒業公演
『月待つ夜に』
脚本:竹中さやか
演出:野原浩史

日時
3/9 (金)18:30~
3/10(土)14:00~/18:00~
3/11(日)14:00~

(開場はこの30分前から)

場所:広島大学西条キャンパス
   サークル棟 音楽練習室1

カンパ料:100円

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。